Batang電源開発、東南アジアで最大規模の技術超々臨界圧(USC)を使う

0.0 stars -
from 0 Review

8月28日、インドネシアの大統領、ジョコ・ウィドドは中部ジャワ州にある発電所建設開始を宣言した。この電源開発は中部ジャワのBatang県にあります。

ジョコ・ウィドド大統領は日本企業もその発電所建設への参加を要請した。蒸気発電所は200万キロワット規模で、東南アジアで最大級となる。

建設は2019年に完成することを期待されている。発電所の建設は226ヘクタールのエリアに対して行われる。

Batang電源開発所の建設は、インフラルールの存在結果として。発電所は日本からのインフラと協力をする電源開発所を建てられた。伊藤忠商事と電源開発(Jパワー)が出資した。そして、資本はJBIC日本銀行だった。

電源開発所は技術超々臨界圧(USC)を使い、東南アジアで最大規模となる。 USCが効率の高い発電を可能にし、従来の発電所と比較すると環境への悪影響を与えることが少なくなる。

by

Give Us Your Review


Submit Your Review
* required

Related News